春のサーフィンキャンプイン鴨川
 トップに戻る
直線上に配置

copyright© 2006 nalu-genkotusurf

2007年5月19.20日
恒例鴨川キャンプ、強風、好天の中開催

塾長より訓辞、皆さん波乗りを楽しみましょう。。

小澤浩一塾長

2007年春鴨川サーフキャンプが19日は強風の中、午前はシーサイド、午後は鵜原、20日は
早朝サーフは、有志のみではあるがマルキ、そして午前は守谷海岸で参加塾生の皆さんそれぞれのテーマをもってサーフィンに取り組んでいた。
また、ビデオによるライディングチェックを行い具体的にどこが弱点であるかを確認して貰った。
今回のキャンプでは、塾長自らプロデュースした
波匠サーフボードについて、小澤モデルでもある9.4と9.0の板も紹介し実際に試乗もして貰った。
早速、飯島さんがみごとなライディングを披露し波匠サーフボードを手に入れたいとの意向も頂いた。
今後、一人一人に合うマジックボードを提供してた行きたいと塾長。
お待ちかねの宴会は、鰹のたたきに新鮮な刺身に舌鼓し、ビデオを見ながらの塾長指南で盛り上がった。
翌朝20日早朝、マルキにてたまに胸サイズの切れた波に乗れ、守谷海岸ではロング向けのメローなトロ波でサーフできた。
特に、このキャンプでは、オンの波、オフ面よくサイズがそこそこある押してくれる波、そしてメローな波ということでいろいろなタイプの波によるサーフィンが堪能できた。
キッズも佐藤さんの息子ヒロくんが体験。DSよりもサーフをしようね。
清水さんは、名門ドナルドの新板で積極的に波乗りをしていた。
林さんは、スタイリッシュなサーフィンでロングライドを決めていた。
ボンザーくんは、若手らしく頑張っていた。
福永さんは、さすが年の功かゆったりとした大人のラインを決めていた。
塾長の元職場先輩で現在は蓼科在住吉岡さんは、たまにしかサーフィンが出来ない環境ながら時折良い波をゲットしていた。
三村さんは、なんとか自分の判断でテイクオフができるようになった。
飯島さんは、後半特にめざましい成長を遂げ、アップスンからカットバック、リッピングへの足がかりを掴んだ模様だ。
佐藤さんは、なんと支部大会を目指しクオリティーの高いサーフィン、すなわちラインとスコアメイクについて塾長から厳しいながらも指南を受けまずは一勝を目標に頑張っていた。
今回のキャンプでは、特にそれぞれテーマを念頭にサーフィンの本質とは、どんなものであるのか塾長が親身に指導したキャンプとなった。

乾杯、さぁ飲むぞ。。

キッズを直接指導

ドナルドで颯爽と。。

波匠で颯爽と。。

結構良い感じ。。

早速ゲットします。。

おかぁーさんといっしょ。。

塾長熱血指導。。

乾杯、じゃんじゃん飲むぞ。。

スタッフ
多田コーチ 太陽に向かってガーーオ。。
千葉のポイントは熟知している頼れるおやじ

みんなまた楽しみましょうと夢心地。。

参加された皆さん、また楽しく波乗りを通じて集いそしてお会いしましょう。
今後とも波乗り道場小澤塾、波匠サーフボードをよろしくお願い申し上げます。
塾生の華麗なるライディングを総集編として、アップしました。。。皆さんお上手。。。。